怒りと脳内物質

怒りやストレスを感じるなどの感情・情動と、痛みがどのように関係するのか。

筋痛症は、自律神経が筋肉への血液供給を減らして、筋肉が硬くスパズムを起こしやすい状態と考えると、怒りなどの感情によって自律神経がどう反応して、痛みを起こすのかが気になってくる。


楽しいときでも、怒りなどを感じていないときでも痛みはあるのだが、それは何故だろう。
気になってくる。

そもそも、怒りの際に分泌されるノルアドレナリンは、痛みを抑える性質をもっっている。
なのに、痛い。。。どういうことだろう。

TMSは、痛みを作り出すことで、怒りなどの不快な感情から目をそらさせようとしているという理論であるが。



自律神経と痛みの関係について。。。資料

人間の喜怒哀楽などの感情は脳内麻薬(物質)の分泌量のバランスによって支配されています。

「ノルアドレナリンは注意、集中、怒り、脅え」を、「アドレナリンは恐怖、緊張」を「セロトニンは幸せ、癒し、愛、満足」を、「ドーパミンは快感、やる気」を、「βエンドルフィンは落ち着き」を、「GABAは我慢、切り替え、制御」を司ります。
脅えは不安や恐怖と同一の物で、それらと怒りはノルアドレナリンの分泌による感情なので、同一の物質によって生まれる感情なのです。
つまり、脅えや怒りはノルアドレナリンが主に分泌されている為、セロトニンやドーパミンが抑制されます。

ノルアドレナリンについて

ノルアドレナリンは神経伝達物質のひとつです。神経伝達物質であるノルアドレナリン、ドパミン、セロトニンなどは、その化学構造の中にアミノ基を1個もっています。したがって、これらの神経伝達物質を称してモノアミン(モノ=1つ)といいます。モノアミンであるノルアドレナリンは、集中力、やる気、緊張、注意力などを高める作用があります。さらには、痛みを和らげることも知られています。しかしながら、集中力を高めるなどの作用と痛みを和らげる作用は、異なるノルアドレナリン神経経路が関与していることが判明してきました。



ノルアドレナリン

神経を興奮させる神経伝達物質。不安や恐怖を引き起こしたり、覚醒、集中、記憶、積極性、痛みを感じなくするなどのはたらきがある。ストレスとの関係も深く、敵(ストレッサー)に出会った緊急反応の際に自律神経の末端で分泌され、交感神経を刺激。血圧や心拍数を高める作用がある。ちなみに「ノル」とは「正規化合物」「基本の化合物」を表す言葉。ノルアドレナリンの一部が変化したものがアドレナリンである。


自律神経と筋痛
直接的な原因は、血管収縮による組織の虚血状態です。つまり、自律神経系を介して血管が収縮し、患部の血液循環が悪くなって、軽い酸素欠乏が起きているということです。この血管収縮が生じることで、患部では、(1)化学的老廃物の蓄積、(2)筋肉痙攣、(3)神経障害が起きているのです。


痛みの生理

組織を損傷するような刺激(Noxious stimulation)が末梢神経に加わると、これはAデルタおよぴC繊維を介して、脊髄の後角ニューロンに伝えられる。ここの侵害受容ニューロンの興奮は、反対側行き脊髄を上行し脳に達し、ここで痛みを認識するのである。一次痛覚神経からのインパルスが脊ニューロンに伝わるのには、神経伝達物質としてサブスタンスおよびグルタミン酸が関係している。一方、これらのニューロンの活動は脳や脳幹から来る下行性の抑制を受けており、これには伝達物質としてノルアドレナリンおよびセロトニンが関与している。

末梢性痛覚過敏(Peripheral sensitization)

神経末梢は痛みを受容するばかりでなく、軸索反射によりそこからサブスタンスPなどの化学物質を分泌する。これは肥満細胞に作用してヒスタミンを遊離したり、その他の発痛物質を産生し、また血管拡張を起したりする。また組織が損傷されると、プロスタグランジンをはじめ、カリウムやブラジキニンなどいろいろの発痛物質が出てくるので、神経末端は発痛物質のジュースの中に浸されているような状態になる。このような状態では神経の痛みに対する感受性は著しく高まるので、これを末梢性痛覚過敏と呼んでいる。



中枢性痛覚過敏(Central senstization)

C線維の末梢からの頻回な刺激が持続すると、脊髄ニューロンにも変化が起ってくる。これはwind upという現象で、ニューロンは末梢からの刺激に対し一対一で対応していたものが、一回の刺激によりたくさんの発火を起こすようになり、ついには刺激を止めても発火活動がしばらく続くようになる。これは中枢性痛覚過敏と呼んでいる。中枢性痛覚過敏の発現には、NMDA受容器が関係しているとされているが、NMDA受容器の拮抗薬によって、この現象が抑えられる。中枢性痛覚過敏が長く続くと、脊髄ニューロンの中にc-fosなどのがん遺伝子が作られ、ここに可塑的な変化を起こしてくる。可塑というのは、外力を取り去ってもなお歪みが残っている状態で、ここではニューロンの興奮が長引くことを指している。C-fosの発現はモルヒネによって抑制することが出来る。
[PR]
by syaruruk | 2007-12-06 10:05 | 筋痛症候群


にゃんことわんことわたし


by syaruruk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

ペット
体調について
介護について
家族


筋痛症候群
散歩道
短歌・俳句・川柳
操体法について
家庭で、鍼・磁器等治療
めまい
メンテナンス結果
陰陽二元論
ネパールの思い出
卵巣腫瘍
子宮内膜症
在宅介護準備
その他
M&O劇場
セルフケア 2011
お勉強
お仕事
橋本病と甲状腺癌
お四国まいり
ハングルのお勉強
おうち物語
婦人科
未分類

お気に入りブログ

心と体の痛みのお部屋 管...
メニエルさんのひとりごと...
心療整形外科
新・痛みを手放そう
漢のブログ
それ行け、かーちゃん、ほ...
H@PPY FROG
こころすけのココロ
ざれごとだけでは駄目だね。
「脳‐身体‐心」の治療室
ピーちゃんの連絡帳
コパの独り言
猫の飼い主はじめました。
生きてるってすばらしい
じんぼう暇なし~神保接骨...
パピヨン&韓国語に魅せられて
ホナいこか

リンク

ゆっくり行こうか
慢性痛&慢性疲労のココロ
FMS患者と歩く道
痛みの治療研究会の掲示板
いつもお世話になっているフリーの素材やさん

いたいのいたのとんでいけ~詩人のまめさん。

桑野建設

痛みの自己管理掲示板 

東北地震犬猫レスキュー.com





<からだのこえをきこう>

人間は、本来治る力を持っている。

からだの声をきこう。

自然に、あるがままに。

いまある、その存在は完璧だ。

以前の記事

2016年 10月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
てんかんの情報サイト
from てんかんの情報サイト
私もそう思う
from ペインコーチング
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
京都抹茶ラテ|スターバックス
from おいしい雑食生活
神経痛?
from 心療整形外科
介入はしておりません。
from 反証的鍼灸手技臨床

ライフログ


トリガーポイントブロックで腰痛は治る!


サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療


腰痛は脳の勘違いだった―痛みのループからの脱出


笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)


心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)


椅子がこわい―私の腰痛放浪記 (文春文庫)


線維筋痛症こうすれば楽になる―全身の痛みに対処する生活と心のコントロール


ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8)


村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)


日のあたる白い壁


なんくるない (新潮文庫 よ 18-18)


免疫力を高める生活―健康の鍵はミトコンドリアが握っている


壊れた脳 生存する知


MIST(初回盤)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧