カテゴリ:家族( 149 )

お花が届いて

実家に妹の友達から

大きな花束が届いたそうです。

それを見て、ああ命日かぁ

と思った母です。


そういう私も、

もうすぐ命日だ!とかは

考えずにいたことに気付きました。


明日は、ぐちゃの命日。

お花を送ってくれる友達がいることに

感謝と感動・・・


ちっち、お花をありがとう
[PR]
by syaruruk | 2014-06-04 16:29 | 家族

お花が届いて

実家に妹の友達から

大きな花束が届いたそうです。

それを見て、ああ命日かぁ

と思った母です。


そういう私も、

もうすぐ命日だ!とかは

考えずにいたことに気付きました。


明日は、ぐちゃの命日。

お花を送ってくれる友達がいることに

感謝と感動・・・


ちっち、お花をありがとう
[PR]
by syaruruk | 2014-06-04 16:28 | 家族

ぐちゃ♪の一年祭をおえました

去年の6月5日の朝のことは、ものすごく鮮明に覚えていて

思い出す度に涙が出ている1年です。


20歳台でベーチェットと診断されて、

お医者から「今の状態が一番良くて、どんどん悪くなる」

そう告げられて、本当にその通りになりました。


20年近い闘病生活の中で、自暴自棄になったり、

大学病院の担当医がコロコロ変わる度に、

「ベーチェットではなくて詐病だ」などととんでもないことを言う医者に出会ったり、

IVHのチューブが体の中で切れて、あわや医療事故!になった時も、

自分で切ったのではと疑われたり・・・

医者はIVHのチューブの方が患者より信用できるのかと・・・医療不信で真っ暗な気分になったり。


ベーチェット病は多彩な症状がでるということを知らないから、歩けなくなった時も

尿閉になった時も、MRIは問題ないということで、厄介者扱いをうけて

腸管と神経のベーチェットだということがわかるまで、とてもつらい思いをして

診断がついても、有効な治療法はなくて・・・


神様があの子に与えてくれた一番のプレゼントは、物忘れだったのかも。

どうでもいいことはよく覚えているのに、肝心なことは忘れて、

だからポヤーンとかわいく、みんなに好かれる子どもという感じでいてくれた。

そういうぐちゃ♪に救われていた私。


会いたい。
[PR]
by syaruruk | 2013-06-03 09:14 | 家族

もうすぐ50日祭

ぐちゃ♪の50日祭と父の5年祭を同時に行う予定。

実家には母と姉のふたりしかいないので、

葬儀の後処理を含めて、色々手伝っています。

母が一人でするのは酷だし、姉は土曜日曜しか動けないので。


葬儀社の会員になっておくことにしました。

父のときは会員でなかったのですが、ぐちゃ♪のときは会員になっていたので、
かなり葬儀にかかる費用が少なくて済みました。

母が契約するので、私も会員になっておくことにしました。

我が家も二人暮らしだし、まだ若いといっても、いつ何があるかわからないし。

でも、もうすぐ50日が来るということに驚いてしまいます。

早いですね。時の流れは・・・。
f0155475_223255.gif

[PR]
by syaruruk | 2012-07-20 22:32 | 家族

今月は母の誕生日月なので、先日姉と3人でお祝いをしました。

「後期高齢者になった。レベルアップした」

母はがんばって、がんばって、ずっと頑張り続けているので、

少し休憩してほしいのですが、休んだら動けなくなると感じているのか、

気を張って頑張っています。

いつも母には勝てないなあ。。。。そう思います。


ぐちゃ♪のブログを、製本してもらいました。1冊だけ。

母はネットをしないから。

なかなか良い出来だったと思います。

ゆっくり検討して選んだり、中身の間違いを直したりすれば

完成度が上がると思いましたが、ぐちゃ♪のそのままが一番価値がある気がして、

何も直しませんでした。

コメントも入るので、とてもいい感じです。

それと母はついに携帯を持たされました。姉に。。。

一番のネックは、持ち歩く習慣がないことかなあ^^

f0155475_8411490.jpg

[PR]
by syaruruk | 2012-07-03 08:41 | 家族

ありがとうございます

皆さんのコメント、とてもありがたく読ませていただきました。

お一人おひとりに、ご返事させていただきたいのですが

まだ気力がわかないので、

この記事で、お礼を言わせてください。

十分頑張った妹なので、これ以上を望むわけではないのですが

それでも、お別れしたくなかった。


今日は何をすると考えるときのリストに、妹の名前が入らないのは

とてもさみしいものです。

時間がたてば、慣れてくるでしょう。

もう少し・・・


遺影に使った写真は皆さんに大好評。

ホナを抱っこしてご満悦の20代前半の時の写真ですから。輝いている。
[PR]
by syaruruk | 2012-06-24 16:43 | 家族

お疲れ様

このブログに

わざわざ書くべきなのかどうか、

とても迷いましたが、書かないことには

一歩も前に進めない気がして

f0155475_8242662.jpg


先週
[PR]
by syaruruk | 2012-06-11 08:54 | 家族

祝  星 22号発刊

母の所属する「星の会」が22号の「星」を発刊した。

「星の会」は、文章の勉強会をするということで始まった会である。

ほぼ毎年、同人誌を発行している。

来年は25周年記念に本格的な自費出版の「本」を出版するそうだ。

継続することは、すごいことだと思う。

継続できる趣味を持つこと、少々苦しくても続けることが、人生を支えていくのかなあと、

「星22号」をめくりながら考えて・・。


決して平坦ではない人生。

いろいろなかなり衝撃的な人生談や悩みを聞いても、「うちの母ほどではない」と感じる。

本当に、「星の会」のおかげで、母はいきいきと生きていられると思う。


そして、びっくりするのは、この「星の会」平均年齢が77歳!なこと。

母はまだ、下から2番目だそう^^;

素敵な本が出来上がることを、みんなでわいわいと語り合っている。。。元気だ。


来年の「本」 出来上がりを、楽しみにしているよ。

母!がんばれ!
不肖の娘は、声援を贈ります。これ以上がんばれないと思っても、がんばれ!
[PR]
by syaruruk | 2010-12-22 22:56 | 家族

ぽっかりと

ホナは、私の中で、自分で思っていたより大きな存在だったんだなあと、

いまさらながらに。。。


今日は、お仕事に行きました。

腰が全く曲がらない。左右・前後・・・どこにも。


座っているのがつらいので、自転車はあきらめて、

歩いていきました。

ホナがいないから、いきなり自転車を放り出したと、ホナに笑われそうだと思いながら。


それでも普通にお仕事をして、職場の人の中には、ホナと一緒にお散歩をした方もあるので、報告して。


ひとりになったら、まだ込上げてくるのだけれど、

こういうときは、できるだけ普通に過ごすのがいいような気がするのです。

ニャンコたちは、もう普通に生活しています。

やはり、救われますね。生き物のあたたかさに。

f0155475_22354618.jpg

[PR]
by syaruruk | 2009-11-24 22:35 | 家族

ぐちゃ♪ブログ再開の兆し

今日、ミニノートパソコンを届けてきました。

無事インターネットに入れるか!?

というレベルですが、


自分で、色々やってみるようにと、いってます。

もちろん一度は、説明しましたが。。。


自分で発見しながら、たどり着けると身につくから。

さて、何日かかるかな?


意外と早いかも?

あんまり難しそうだったら、もう一回教えてあげよう。かな。(イジワル)

f0155475_19422190.jpg


今のホナちゃん。
そろそろ、朦朧としていますが、根性で回っています。

そんなに頑張らなくても良いのにね。

枕置いてあげても、寝ないの^^;

乗り越えようとして、大騒ぎ。
[PR]
by syaruruk | 2009-09-30 19:43 | 家族


にゃんことわんことわたし


by syaruruk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

ペット
体調について
介護について
家族


筋痛症候群
散歩道
短歌・俳句・川柳
操体法について
家庭で、鍼・磁器等治療
めまい
メンテナンス結果
陰陽二元論
ネパールの思い出
卵巣腫瘍
子宮内膜症
在宅介護準備
その他
M&O劇場
セルフケア 2011
お勉強
お仕事
橋本病と甲状腺癌
お四国まいり
ハングルのお勉強
おうち物語
婦人科
未分類

お気に入りブログ

心と体の痛みのお部屋 管...
メニエルさんのひとりごと...
心療整形外科
新・痛みを手放そう
漢のブログ
それ行け、かーちゃん、ほ...
H@PPY FROG
こころすけのココロ
ざれごとだけでは駄目だね。
「脳‐身体‐心」の治療室
ピーちゃんの連絡帳
コパの独り言
猫の飼い主はじめました。
生きてるってすばらしい
じんぼう暇なし~神保接骨...
パピヨン&韓国語に魅せられて
ホナいこか

リンク

ゆっくり行こうか
慢性痛&慢性疲労のココロ
FMS患者と歩く道
痛みの治療研究会の掲示板
いつもお世話になっているフリーの素材やさん

いたいのいたのとんでいけ~詩人のまめさん。

桑野建設

痛みの自己管理掲示板 

東北地震犬猫レスキュー.com





<からだのこえをきこう>

人間は、本来治る力を持っている。

からだの声をきこう。

自然に、あるがままに。

いまある、その存在は完璧だ。

以前の記事

2016年 10月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
てんかんの情報サイト
from てんかんの情報サイト
私もそう思う
from ペインコーチング
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
京都抹茶ラテ|スターバックス
from おいしい雑食生活
神経痛?
from 心療整形外科
介入はしておりません。
from 反証的鍼灸手技臨床

ライフログ


トリガーポイントブロックで腰痛は治る!


サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療


腰痛は脳の勘違いだった―痛みのループからの脱出


笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)


心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)


椅子がこわい―私の腰痛放浪記 (文春文庫)


線維筋痛症こうすれば楽になる―全身の痛みに対処する生活と心のコントロール


ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8)


村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)


日のあたる白い壁


なんくるない (新潮文庫 よ 18-18)


免疫力を高める生活―健康の鍵はミトコンドリアが握っている


壊れた脳 生存する知


MIST(初回盤)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧