カテゴリ:歌( 30 )

落日

落日

                          作詩・作曲 : さだまさし

夕日が沈んでく君の瞳の中に
浮浪雲が朱鷺色にそう悲し気な朱鷺の羽根の色に
染まり乍ら風に流れてゆく

少し風が出て来た君の肩を抱いた
生命は何処から来てどこへ行きたいのだろう
真実が知りたい僕らの愛のことも

しあわせになろういつかかならず
約束をしようしあわせになろう


明日もまた陽は昇るそれを疑いもせず
君と僕だけのことを考えればいいのなら
それはそれでとてもしあわせに違いないけど

うまく言えないけれど心のどこかが
不安と恥ずかしさでいつも少し汚れてる
真実が知りたい人の「こころ」のことも


しあわせになろういつかかならず
約束をしようしあわせになろう

しあわせになろういつかかならず
約束をしようしあわせになろう

しあわせになろういつかかならず
約束をしようしあわせになろう




今日は、何故かこの歌が。。ぐるぐる頭の中で回っていました。ホナちゃんの寝顔を見ながら。。。
明日も、日が昇ったら、起きようね^^;陽が昇ってからでいいからね(ってそこかよ)(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ
[PR]
by syaruruk | 2009-11-06 21:57 |

カッパさんからのプレゼント

さだまさし 35周年コンサートのCD

フェスティバルホール

昔、私も、まさしんぐワールドコンサートに行ったのよねぇ。。。

f0155475_2234273.jpg

[PR]
by syaruruk | 2009-02-04 22:34 |

            雨
 
 作詞:北原白秋    作曲:弘田龍太郎


   雨が降ります。 雨が降る。
   遊びにゆきたし、傘はなし、
   紅緒(べにお)のかっこも緒が切れた。

   雨が降ります。 雨が降る。
   いやでもお家で遊びましょう、
   千代紙おりましょう、たたみましょう。

   雨が降ります。 雨が降る。
   けんけん小雉子(こきじ)もいま啼いた、
   小雉子も寒かろ、寂しかろ。

   雨が降ります。雨が降る。
   お人形寝かせどまだ止まぬ。
   お線香花火もみな焚いた。

   雨がふります。 雨が降る。
   昼もふるふる。 夜もふる。
   雨が降ります。 雨がふる。

      (大正7年作詞)
[PR]
by syaruruk | 2009-01-31 08:51 |

雨降りお月さん

「雨降りお月さん」

野口雨情作詞・中山晋平作曲/大正14年


雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
一人で傘(からかさ) さしてゆく
傘(からかさ)ないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
お馬にゆられて ぬれてゆく

いそがにゃお馬よ 夜が明けよう
手綱(たづな)の下から チョイと見たりゃ
お袖(そで)でお顔を かくしてる
お袖はぬれても 乾(ほ)しゃかわく
雨降りお月さん 雲の蔭(かげ)
お馬にゆられて ぬれてゆく
[PR]
by syaruruk | 2009-01-31 08:15 |

祈り

今日は、終戦記念日。
うっかり通り過ぎるところでした。

最年少海軍兵だった父は、引き上げ船の仕事をしたので、復員が遅れたそうですが、どんな気持ちで、終戦を迎えたのでしょうか。


何度も載せている詩。またぁ・・・とかいわないで。

祈り
作詩・作曲 : さだまさし
悲しい蒼さの広い大空を
小さな鳥が一羽海を目指してる
鳥を撃たないで約束の町へ
ひたむきに羽ばたく夢を消さないで
誰もが時の流れに傷つき疲れあきらめそして
いつしか生まれた時の溢れる程の愛を見失う


この町がかつて燃え尽きた季節に
私達は誓った繰りかえすまじと
生命を心を奪い去ってゆく
ちからも言い訳も総て許せない
私は祈る以外に知恵も力も持たないけれど
短い花の生命をささやかなこの愛で染めたい


母は、このとき小学2年生。
教科書に墨を塗った組です。

これまで、ひたすらに信じていたものが崩れ去る瞬間・・・何にでもあるものです。
早くそうなって欲しい事柄も。。。
[PR]
by syaruruk | 2008-08-15 23:12 |

鳥辺野

--------------------------------------------------------------------------------
鳥辺野
                                  作詩・作曲 : さだまさし

寂しいからとそれだけで来るはずもない鳥辺野

山道をゆけば散り急ぐ様に
遠近に寒椿の紅道を照らす春まだき

風景自身が淋しがってるから
ひとこまに身を置いただけで自分が救われる

風はさや風はさやさや
竹はゆら竹はゆらゆら
振り返るより速くあなたは立ち去っていた

人の心移ろい易くその傷癒え難く
立ち止まってうろたえるは
愛と同じ重さの悲しみ


木立の間に間に埋もった枯葉
そんな風にあなたと私のそれぞれの記憶の中で

お互いの事がやがて薄れてく
そこここに散りばめたはずの真実までかすませて

夢はさや夢はさやさや
嘘はゆら嘘はゆらゆら
すれ違うより速くあなたが遠ざかってゆく

前のめりのまま無造作に投げ出された愛が
季節に追われころんだまま
野晒しになっている鳥辺野

f0155475_203653.jpg


TKさまの、『防人の歌』に触発されてしまった。。。
[PR]
by syaruruk | 2008-08-12 20:03 |

紫陽花の詩

紫陽花の詩
作詩・作曲 : さだまさし
蛍茶屋から鳴滝までは
中川抜けてく川端柳
他人の心を胡麻化す様に
七つおたくさあじさい花は
おらんださんの置き忘れ


思案橋から眼鏡橋
今日は寺町廻ってゆこうか
それとも中通りを抜けてゆこうか
雨が降るから久し振り
賑橋からのぞいてみようか


南山手の弁天橋を
越えて帰るは新地を抜けて
出島の屋敷は雨ばかり
むらさき夕凪夢すだれ
むらさき夕凪夢すだれ
[PR]
by syaruruk | 2008-07-02 15:51 |

中国地方の子守唄

中国地方の子守唄f0155475_23592978.gif
作曲:山田耕作

ねんねこしゃっしゃりませ

寝た子のかわいさ

おきて泣く子の

ねんころろ 面にくさ

ねんころろん ねんころろん



これは何だろう。。。
f0155475_23583684.gif



ねんねんころりよ

おころりよ

ぼうやは よいこだ ねんねしな

ぼうやの おもりは どこへいったf0155475_23574488.gif

あのやま こえて さとへいった

さとの みやげに なにもらった

でんでんだいこに しょうのふえ

ねんころ ろん ねんころ ろん



これが一番たくさん唄ったかな。妹や弟の子守に。

広島の♪里の土産に♪が、変化しているみたい。


痛みで眠れない人も、やさしい夢が見れますように。
[PR]
by syaruruk | 2008-06-28 23:49 |

吾亦紅(われもこう)

吾亦紅
作詩・作曲 : さだまさし
二本目の徳利を傾け乍ら奴はふと思い出すように言った
明日の朝小さな山の分校の子供たちに会いに来ないか
今奴は分校の校長先生可愛い可愛い子供たちの
笑顔をおまえに見せてやりたいどうだ明日来ないか
折から秋の雨も上がって
かすかに鈴虫鳴く
今俺は子供たちを野球できたえてるいつか本校に勝たせたくて
幾度も挑んで幾度も敗れたが
そこはそれ衆寡敵せず

山あいの分校は傾いていたが子供たちは裸足で駆け廻ってた
四十いくつもの瞳に囲まれて奴は先生らしく笑ってた
このすばらしい分校の子供たちはどんなすてきな大人になるだろう
はじける笑顔や瞳の輝きをどうすれば守ってやれるだろう
折から朝の霧も晴れて
まぢかに大山見ゆ
手作りの野球場に歓声響く僕はふと脇の草むらに
桑の実によく似た紅い花をみつけた
子供が教えてくれた吾亦紅
f0155475_1842615.jpg


奴からふいに手紙が届いた
ついに本校に勝ったぞと
手紙を読み乍ら子供たちの瞳と
雄大な山を思い出してた
奴の得意気な顔と色あざやかに
小さく咲いた吾もまた紅なり
人あざやかに色あざやかに
小さく咲いた吾もまた紅なり




お写真拝借ここから
[PR]
by syaruruk | 2008-06-28 18:36 |

買ってもらいました☆

さだまさし 10th Anniversary Best Selection「時の流れに」
/ ユーキャン
ISBN : B0017SVHBK
スコア選択:

10周年コンサート7日間ライブのダイジェスト。

若いさだまさしの歌声が聴けます。


さだまさし 20th Anniversary Best Selection「のちのおもひに」
/ ユーキャン
ISBN : B0017SVHBU
スコア選択:

20周年コンサート4日間ライブ



少し、派手になったさだまさしが見れます。


きょうは、まっさんにお守りしてもらって、おとなしくしてます。
[PR]
by syaruruk | 2008-06-27 09:31 |


にゃんことわんことわたし


by syaruruk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

ペット
体調について
介護について
家族


筋痛症候群
散歩道
短歌・俳句・川柳
操体法について
家庭で、鍼・磁器等治療
めまい
メンテナンス結果
陰陽二元論
ネパールの思い出
卵巣腫瘍
子宮内膜症
在宅介護準備
その他
M&O劇場
セルフケア 2011
お勉強
お仕事
橋本病と甲状腺癌
お四国まいり
ハングルのお勉強
おうち物語
婦人科
未分類

お気に入りブログ

心と体の痛みのお部屋 管...
メニエルさんのひとりごと...
心療整形外科
新・痛みを手放そう
漢のブログ
それ行け、かーちゃん、ほ...
H@PPY FROG
こころすけのココロ
ざれごとだけでは駄目だね。
「脳‐身体‐心」の治療室
ピーちゃんの連絡帳
コパの独り言
猫の飼い主はじめました。
生きてるってすばらしい
じんぼう暇なし~神保接骨...
パピヨン&韓国語に魅せられて
ホナいこか

リンク

ゆっくり行こうか
慢性痛&慢性疲労のココロ
FMS患者と歩く道
痛みの治療研究会の掲示板
いつもお世話になっているフリーの素材やさん

いたいのいたのとんでいけ~詩人のまめさん。

桑野建設

痛みの自己管理掲示板 

東北地震犬猫レスキュー.com





<からだのこえをきこう>

人間は、本来治る力を持っている。

からだの声をきこう。

自然に、あるがままに。

いまある、その存在は完璧だ。

以前の記事

2016年 10月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
てんかんの情報サイト
from てんかんの情報サイト
私もそう思う
from ペインコーチング
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
「草取り症候群」雑感
from 「脳‐身体‐心」の治療室
京都抹茶ラテ|スターバックス
from おいしい雑食生活
神経痛?
from 心療整形外科
介入はしておりません。
from 反証的鍼灸手技臨床

ライフログ


トリガーポイントブロックで腰痛は治る!


サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療


腰痛は脳の勘違いだった―痛みのループからの脱出


笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)


心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)


椅子がこわい―私の腰痛放浪記 (文春文庫)


線維筋痛症こうすれば楽になる―全身の痛みに対処する生活と心のコントロール


ぐるりのこと (新潮文庫 な 37-8)


村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)


日のあたる白い壁


なんくるない (新潮文庫 よ 18-18)


免疫力を高める生活―健康の鍵はミトコンドリアが握っている


壊れた脳 生存する知


MIST(初回盤)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧